夢占いについて調べてみました、夢占いの参考にしてね

夢できらめけ占いで閃けトップ画像

リンクについて

このホームページはリンクフリーとなっています。このホームページを気に入ってくれた方、または、気になる方、気に入らない方もどんどんリンクを張って下さいね。ただし、常識の範囲内でお願いします。
バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

夢でときめけ占いで閃けのバナー
200×80

夢でときめけ占いで閃けのバナー
130×80

人それぞれの睡眠

睡眠の時間

人が寝るのは、平均6〜9時間ぐらいと言われています。
しかし、実際には、それ以上寝ないと疲れがとれない人や、そんなに寝なくても疲れがとれる人がいます。
それはなぜでしょう。

この睡眠の時間は、性格などが問題ではありません。

寝る時間が6時間以下でも大丈夫な人の事をショートスリーパーと言い、
反対に、9時間以上寝ないとダメだと言う人は、ロングスリーパーと言われています。
しかし、これは極端な話で、普通は6〜9時間で十分だと言う事です。普通は、バリアブルスリーパーと言われています。

ナポレオンや、エジソンはショートスリーパーで、特にナポレオンが寝る時間は3時間程度だと言う話を聞いた事があると思います。

また、ロングスリーパーの人で、アインシュタインがいます。この人は、一日に10時間以上も寝ていたそうです。
バリアブルスリーパーの人は、生活のスタイルなどに影響をされて、ショートスリーパーになったり、ロングスリーパーになったりします。特に、ストレスが関係してくるそうです。

このように、寝る時間と言うのは、脳がどれだけ疲れているかにも関係してくるのです。

ショートスリーパーの人は、ストレスをため込みにくい人ですので、あまり気にしなくても大丈夫なのですが、ロングスリーパーの人は、ストレスをため込みやすいですので、日頃の生活から、ストレスをあまり抱え込まないようにした方がいいでしょう。
ストレスが溜まったまま睡眠を取っても、あまり疲れがとれませんので、良い睡眠とはなりません。

金縛りに合う

金縛りに合った事がある人はいますか。これはよく幽霊の仕業だと言われていますが、実はそうではないのです。
金縛りに合う時には、レム睡眠と言う、浅い睡眠の時に起きます。この時は、体は寝ているのですが、脳は起きている状態なのです。
体は眠った状態で、脳が起きている状態なので、脳が体を動かそうと命令をだしても、当然体は動きません。
これが金縛りの正体なのです。これは、ノンレム睡眠とレム睡眠が変わる時や、眠り始め、また、目覚める直前に起きたりします。
ちなみに、ノンレム睡眠と言うのは、レム睡眠と違って、深い眠りの事です。このノンレム睡眠とレム睡眠はだいたい3時間ぐらいおきに変わっているのです。

ですので、少し仮眠をとろうと思って眠った時に、金縛りに合ってしまう事が多いのです。
実は、仮眠は、体を休めているつもりでも、以外とストレスが多くかかっていて、逆にストレスが溜まっているのです。寝不足だと、金縛りによく合います。

睡眠麻痺とは

金縛りと似たようなもので、睡眠麻痺と言われるものがあります。

これは、金縛りと同じで、脳は、起きているのに、からだが寝ている場合に起きます。
脳は起きているので、当然体を動かそうとします。しかし、寝ている体には、その命令は届きません。
ですので、体が動かないと勘違いをしてしまい、金縛りだと思うのです。

この睡眠麻痺と言うのになってしまう原因としては、

寝ている時にストレスを受けていると起きやすくなります。例えば、暑い中で寝ていたり、回りが騒がしかったり、また、明るい所で寝ている時に、よく起きます。また、寝る前に、カフェインを沢山取っていると睡眠麻痺になってしまう事もあります。
よく起きてしまう人は、このような事を一度確認をしてみて、寝ている環境の見直しをしてみる必要があると思います。

また、寝る時に上向きで寝ないようにしたり、二度寝はしないようにしたりするといいでしょう。

 

次へ→

▲ページトップ

 

Copyright c 2008 夢でときめけ、占いで閃け. All rights reserved