夢占いについて調べてみました、夢占いの参考にしてね

夢できらめけ占いで閃けトップ画像

リンクについて

このホームページはリンクフリーとなっています。このホームページを気に入ってくれた方、または、気になる方、気に入らない方もどんどんリンクを張って下さいね。ただし、常識の範囲内でお願いします。
バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

夢でときめけ占いで閃けのバナー
200×80

夢でときめけ占いで閃けのバナー
130×80

人それぞれの睡眠

寝言や、おねしょ

寝言について

寝言と言うのは、寝ているのにしゃべる事ですね。
これは、生活の中でよくストレスを感じている人が寝言をしゃべります。
また、寝言を言う時は、夢を見ています。この見ている夢に影響をされて寝言を言うのです。
自分では気付いていないと思いますが、だいたいの人は寝言を経験していると思います。

寝言と言うと、一言や、二言ぐらいしゃべってまたそのまま眠ってしまうのが普通です。しかし、中には、誰かと会話をしているのかと思ってしまうぐらい長くしゃべっている人もいたりします。
このように、寝言をあまり言わない人と、寝言をよく言う人の違いは、覚醒中枢が関係しています。

普通ですと、寝言を言うということは、口を動かします。この時に、くちの筋肉を動かしますので、覚醒中枢を刺激して目が覚めてしまいます。
しかし、この覚醒中枢の反応が弱い人の場合には、少しぐらいの刺激では目を覚ます事がなく、ずっとねむり続けているのです。
ですので、会話のように寝言を長いあいだしゃべっていたり、急に歌を歌い出す人もいるのです。
となりで寝ている人は驚いてしまいますよね。

もし、あまりにも寝言が激しくて、回りで寝ている人が眠れないと言うときには、病院で薬をもらって、直す事もできますので、そんな時には、受診をしてみるといいでしょう。

おねしょについて

おねしょをしてしまう人も中にはいます。
これも、寝言と同じで、覚醒中枢が関係をしています。本来なら、おしっこをしたくなってくると、覚醒中枢を刺激して目が覚めます。
しかし、覚醒中枢の反応が弱い人は、目が覚めないのです。
子供なら、覚醒中枢の反応がまだしっかりとしていないので、おしっこがしたくても目が覚めないでそのままおねしょをしてしまいます。

また、おねしょと言うのは、9割は遺伝によるものなのです。
兄弟や、親戚やあるいは親が昔おねしょに悩まされていたのなら、これが遺伝をして、子供なども同じようにおねしょをしてしまうのです。

覚醒中枢以外の原因もあります。
膀胱の機能が未発達な場合もありますし、心的な問題が原因でおねしょをする事もあるのですが、これはほんの一部です。
もし、子供のおねしょで悩んでいるのでしたら、あまり悩まなくても大丈夫です。たまに自分のせいだと思っている人もいますが、これは、親のせいでもないですし、子供のせいでもないのです。

自然とおねしょは治りますので、あまり気にしないようにするのが一番いいでしょう。

高い所から落ちる

寝ている時に、急にからだがビクっとしてしまう事があります。よく見たのが学校の授業中に居眠りをして、急にビクっとして、みんなに笑われている事です。私も経験があります。
これは、ジャーキングと言われる現象で、眠りが深くなる時に、脳が慌ててしまって、間違って体の筋肉を動かしてしまうので、体がビクッとしてしまうのです。
これは体がなにかの異常だと言う訳ではありません。ただ、体が疲れている場合や、寝苦しかったりする時によく起きる現象です。
確かに、机で寝るのは寝苦しいですからね。そりゃ〜体もビクッとしますよ。

たまに、落ちる夢を見たからビクッとしたと言う時があるのですが、これは、ビクッとしたから落ちる夢を見たのだと頭が勝手に勘違いをして、そう言う風になってしまうのです。

 

pickup

包丁の通販

最終更新日:2014/10/20

←戻る

▲ページトップ

 

Copyright c 2008 夢でときめけ、占いで閃け. All rights reserved