夢占いについて調べてみました、夢占いの参考にしてね

夢できらめけ占いで閃けトップ画像

リンクについて

このホームページはリンクフリーとなっています。このホームページを気に入ってくれた方、または、気になる方、気に入らない方もどんどんリンクを張って下さいね。ただし、常識の範囲内でお願いします。
バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

夢でときめけ占いで閃けのバナー
200×80

夢でときめけ占いで閃けのバナー
130×80

夢占いを自分でする為に

夢で情報整理をする

夢は、脳にある要らない情報などを整理する為に見ています。
しかし、夢占いではこの整理をする事ではなく、何をどのように整理されたのかが重要になってきます。
私たちの生活では、毎日沢山の情報が入ってきています。また、体の外だけでなく、中からも、色々な刺激などによって情報が脳に集まってくるのです。これをそのままにしておくと、すぐに頭の中はパニックになってしまうと思います。ですので、寝ている時に、情報を整理しているのです。情報を整理している時に、夢の中に映像として出てくるのです。

もし、1つの夢でいくつもの場面が出てきたら、出来るだけその場面を分けて考えていくと、何を意味しているのかが具体的に分かってくるのです。

実際の記憶が大きくなって夢にでる

日常の生活で様々なものを見たり、聞いたりすると思います。その時に、その入ってきた情報に対して何らかの印象をうけると思います。
それが夢では、さらに大きな印象となって出てくるのです。

この夢では、自分が意識をして印象を着ける事が出来た物と、無意識のうちに印象として残っているものがあります。この印象を見る事によって、自分が本当はどのような印象を受けていたのか、今後どのようにしていけば良いのかを知る事ができるのです。

夢独自の解釈のやり方があります

夢と言うのは、それ独自の解釈の方法があるのです。
夢を見ていて、なんでこの場所にこれがあるのかと理解できないことがあります。
例えば、電車に乗る為になぜか駅には向かわずに、ビルの屋上にいったりなどです。

これは、実際に見た物がごちゃ混ぜになっている可能性があります。つまり、自分の考えがまとまっていない時に見たりする夢なのです。

夢には様々な要素が入っている

夢と言うのは、色々な解釈をする事ができます。
もし、二人の人が同じ夢を見たとしても、同じ解釈をする事ができないのです。

ですので、夢占いの本に書いているように、この夢をみたら悪いとか、この夢をみたら良いと言うのは、一階にはいえないのです。
ですので、夢を理解する時には、臨機応変に柔軟に考える必要があります。
このように、考えていけば発想を広げる事が出来て、想像力を高める事も出来るのです。

つまり、生活の中で、このような出来事があり、どうしようか悩んでいる時に、それと似たような夢をみたからと言って、夢の通りの結果や、夢と同じように行動をすることは、安易な考え方となってしまうのです。
ですので、夢を解釈する時には、冷静に考えて、夢に出てきた行動は1つのヒントとして活かしていくようにするといいのです。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/1/23

←戻る

▲ページトップ

 

Copyright c 2008 夢でときめけ、占いで閃け. All rights reserved